世界初のワイヤレス充電標準規格"Qi"専門情報サイト

製品レビュー – iPhone4/iPhone4S対応ワイヤレス充電用カバー【WP-SL10A.BK】

  • HOME »
  • 特集記事 »
  • 製品レビュー – iPhone4/iPhone4S対応ワイヤレス充電用カバー【WP-SL10A.BK】

製品レビュー – iPhone4/iPhone4S対応ワイヤレス充電用カバー【WP-SL10A.BK】

製品レビューの第三弾は、マクセルブランドのiPhone4/iPhone4S対応ワイヤレス充電用カバー【WP-SL10A.BK】です。WP-SL10A.WH (ホワイト)もあります。

WP-SL10A.BK

WP-SL10A.BK

WP-SL10A.WH

執筆時の価格はAmazonで、2,106円。発売から1年を待たず、価格改定が行われました。現在、非常にお手頃な価格で入手できます。

WP-SL10A.BKは、iPhone4/iPhone4S対応のワイヤレス充電用カバー。iPhoneに装着させれば、Qi充電台に置くだけでiPhoneの充電ができます。iPhoneをQiワイヤレス充電に対応させるものとして、日本で唯一の製品です。

まずはパッケージから。同社のQIワイヤレス充電ソリューションシリーズである【AIR VOLTAGE】を前面に押し出し、iPhoneでワイヤレス充電ができることを簡潔に表しています。iPhone4専用と記載され、メーカーは動作保証していませんが、iPhone4Sでも使用可能です。

パッケージ背面。製品の主な仕様を確認できます。

パッケージにはiPhone4専用と記載されています。

パッケージ内容物。保証書以外に付属品はありません。

プチプチが巻かれ、しっかりと保護されていました。

本体は、背面と底を覆うだけのカバーです。本体サイズは、幅63mm×奥行き125mm×高さ15mm。重さは約40gです。iPhone4の重さは約140gなのでカバーをはめると合計180gとなります。MADE IN CHINAの文字が読み取れますが、バリなども無く、非常にしっかりとした作り。素材はプライティック系のものを使用し、ラバーコーティングが施されています。ハードケースとしての使用が可能。

側面は、下から3分の1程度まで。

カバーの下にはiPhone用のコネクタが搭載されています。さらに下の部分は、スピーカーとマイクの音を通すためのスリット。

もちろんカメラ用の穴もあります。

背面には「Qi」のロゴがあります。しっかりと印刷されているので、長期間使用してもマークは消えそうにありません。

それではiPhoneに装着してみます。カバー上部に載せて、そのまま下にスライドする形で押し込んでいきます。想像以上に強い力で押す必要があります。iPhoneのシルバーの枠部分にかぶさるようにはまっていきます。

サイズはiPhoneとほぼ同じでしょうか。本当にピッタリとはめ込まれました。実は、上部のシルバーの枠の手前まで返しが付いています。360度からiPhoneを包み込む感じとなりました。ただし、iPhoneの画面部分の保護はありません。しかしすぐに外れてしまうような心配はなく、安心感のようなものを得られます。

カバー下部の左右にあるスリットがステレオスピーカーのようにも見えます。iPhoneとの一体感があり、デザイン性を損なわず、ある意味アップしたようにも感じます。

カバーの側面は3分の1程度までしかないために、音量はマナーモードのスライドを防ぐ事はありません。スピーカーの音質も、通話の感覚も全く変わりませんでした。また、音量ダウンボタンからも少し余裕があるため、iPhone4Sにも問題なく装着が可能です。

カメラ部分の穴は大きく取ってあります。一部のカバーで見られるような、フラッシュを使った時に画像の周囲にモヤがかかるということは私の試した範囲では発生しませんでした。

それでは、Qi充電パッドに載せてみます。使用したのは、パナソニック製のQE-TM101-Wです。この製品はムービングコイル方式をを使用しているので、パッドのどこに置いても充電される仕組みになっています。この製品のレビューはこちらからお読みください。

充電パッドに置くと、ブルーサークルがQiを感知し移動してきます(実際に内部で充電機器の位置を検知し、充電コイルが移動してきています)。

きちんと充電が開始されました。

iPhoneに充電中のマークが表示されています。充電後は、カバー自体がほんのりと熱を帯びています。熱いという訳ではないので問題はありません。

ちなみに、カバー側面はフラットになっているので、iPhone4そのものと同様に、自立できます。

肝心の充電時間ですが、iPhoneのバッテリーが完全に切れた状態から充電完了まで、約2時間程度。ACアダプタで充電している時とほとんど変わらない時間で充電が完了しました。

メリットとデメリットを列挙します。

WP-SL10A.BKのメリット

  • Qi充電パッドに置くだけで充電が開始されるので、充電が楽になる。
  • 充電の度に毎日ドックを抜き差ししなくて良いのでドックコネクタ部の破損を防げる。
  • カバー背面がゆるいカーブを描いているデザインなので手にフィットし持ちやすい。
  • すっきりしたデザインがiPhoneにマッチしている。
  • 非常にハードな素材を使用し、高品質。
  • iPhoneの側面と背面をしっかり保護してくれる。
  • 価格がお手頃。
  • ホワイトモデル。
  • iPhoneをQiワイヤレス充電に対応させる唯一に製品。
WP-SL10A.BKのデメリット
  • iPhoneの重さが、40g増え、通勤等で30分くらい手に持ち続けると結構重たく感じる。
  • iPhoneの画面は保護してくれない。
  • 同期の度にカバーを外す必要がある。
  • カバーで個性を主張した人には向かない。

充電が非常に楽になり、私にとっては手放せない物となりました。iPhone自体の重さが増えてしまい、また、パソコンとの同期の度にカバーを外さなければいけないことがネックですが、この問題もワイヤレス同期で解消されていくのではないでしょうか。

iPhoneの故障の原因のひとつである、ドックコネクタの破損もこのカバーを付けてQiワイヤレス充電で使用すれば、心配はありません。価格もお手頃となってきたので、Qi充電パッドをお持ちのiPhone4/iPhone4Sユーザーは一度試してみてはいかがでしょうか。

WP-SL10A.BK
Amazon.co.jpから購入する

WP-SL10A.WH
Amazon.co.jpから購入する

QE-TM101-W

QE-TM101-W
Amazon.co.jpから購入する

QE-TM101-K
Amazon.co.jpから購入する

Share on Facebook
Share on GREE
Bookmark this on FC2 Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
このエントリーをはてなブックマークに追加

Premium AD

Qiプレスリリース募集

プレスリリース募集

recommended

Twitter

Copyright © Qiのすべて All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.